メールでのお問い合わせ無料相談はこちら

対応サービス

提携士業募集

対応可能地域

[東京]東京23区内・多摩東部
[埼玉県]八潮市・草加市・川口市・三郷市・戸田市・さいたま市
[千葉県]松戸市・柏市・流山市・船橋市
[神奈川県]川崎市・横浜市

創業3年以内の経営者

決算書作成・法人税申告

こんな方は今すぐご相談ください!

決算書作成・法人税申告

  • これから初めて決算を迎える方
  • 事業の新しい展開のために資金を準備したい方
  • 金融期間から融資を受けたいが、どうすればいいのかわからない方
  • 一度ダメだったらどこからも借りられなくなるのではと心配な方

お金をスムーズに借りられる企業と借りられない企業には違いがあります。

当事務所は、他の税理士からも、単発での融資コンサルを依頼されるほど、融資の成功には定評のある事務所です。
過去に約200件の融資相談に乗り、成功に導いてきた実績があります。

ご相談について:初回相談無料

  • 金融機関(各銀行、日本政策金融公庫)の紹介
  • 日本政策金融公庫への紹介状発行
  • 融資申込についての電話相談、メール相談
  • 金融機関向け事業計画書の書き方のアドバイス
  • 借入申込書の内容確認
  • その他の必要資料のご案内・作成補助

過去申告・まとめてサポート

過去申告・まとめてサポート

  • 開業してから、一度も申告をしていない方
  • うっかり決算申告の期限を過ぎてしまって困っている方
  • 過去の無申告をまとめて手続きしたい方
  • 税務署から申告の催促がきているが、どうしたらよいか分からない方

理由にかかわらず、法人税申告はしなければなりません。
無申告には各種加算税のほか、延滞税がかかります。銀行融資も受けられません。急いで申告する必要があります。

例え1期目、2期目が無申告で何も咎められなかったとしても、3年以上申告をしていない場合、税務署からの調査(税務調査)が多くの場合で発生します。

申告期限を過ぎてしまうと

無申告加算税が課せられます
法人税、消費税、住民税・事業税の申告書は1日でも提出が遅れると、原則として無申告加算税の対象となってしまいます。税務署に指摘された場合、納付すべき税額に対して10~40%の加算税が課せられます。

税務署から指摘される前に、期限後申告をすると加算税率を抑えることもできますので、期限を過ぎてしまっている場合でも、税務調査に入られる前に期限後申告をすることを強くオススメします。

申告期限からの日数に応じて、延滞税がかかります

申告期限の翌日からの期間の日数に応じて、年14.6%が未納の税額にかかります。
2ヶ月以内であれば年7.3%に押さえることもできますので、できるだけ早く期限後申告をした方がよいです。

2期連続で法人税申告をしないと、青色申告が取り消されます

欠損金の繰越控除(9年間の赤字の繰越)が受けられなくなったり、各種の優遇税制が受けられなくなるなど、税務上不利になります。

銀行借入等の融資が事実上受けられません

融資を受ける際には、納税証明書の提出が求められますが、無申告の方は納税していませんので、当然、納税証明を提出することができず、融資を断られてしまいます。
更に、税金の滞納にもあたりますので、金融機関の評価も下がり、その後の取引上も極めて不利になります。

このように、過去無申告の場合、各種ペナルティを受けることになるばかりか、今後の事業を発展させることも極めて困難になります。

過去無申告の方の場合、「いつ申告しても同じだからそのうち申告しよう」という方もいらっしゃるかも知れませんが、延滞税の金額だけでも高額ですので、1日も早い申告をお薦めいたします。

申告期限を過ぎてしまっていたとしても、申告は必ずしましょう!私たちがしっかりサポートします。手遅れにならないためにも、まずはご相談ください。ご相談は無料ですので、お気軽にごお問い合わせください。

料金のご案内

決算・申告フルサポートパック 14万円(税別)から

資料をそのまま送ってください。
ほとんどの方が、経理データ入力を一切行っていない状態からのご依頼ですので、安心してお任せください。
※作業量が莫大な場合や開業3期目以降の場合は、別途お見積りさせていただく場合もあります。
経理データ入力をご自身で対応されている方には、以下の「決算書作成・法人税申告パック」もご用意しております。

決算書作成・法人税申告パック 9万円(税別)から

経理データ入力を自社で入力済みの方の「決算書・法人税申告書作成」サポートです。
※経理データ入力がまだの方は、フルサポートがオススメです。

まずは無料相談からご相談フォーム

PAGE TOP